美髪薄毛治療が想像通りにできる病院

産後の抜け毛の悩みとその原因

出産という大仕事をした後、かわいい赤ちゃんに癒される中、どちらかというと赤ちゃんのお世話や夜泣きに追われて睡眠不足に陥ってしまう人も少なくはないのでは。

 

そして、産後は自身の体も変化して戸惑うことも多々あることと思います。
体型の崩れや肌荒れ、抜け毛などさまざまなトラブルを抱えていながらも、赤ちゃんのことがあって自分のことは後回しになりがちです。

 

今回は、特に産後の抜け毛についてですが、これは一時的なものだそうです。
抜け毛の原因は、美容師さんから聞いた話ですが、妊娠中は髪の毛の量が増えている人の方が多いようです。
というのは、妊娠中の便秘に悩まされることがあるように、流早産を防ぐために体からの排出が制限されるようになっているのです。
つまり髪の毛の生え変わりが通常よりも抑えられるのです。
そして、出産をした後にはそれが一気に抜けていく。
すると、髪の毛の量が少なくなったようになってしまうのです。
確かに、私自身現在二人の子どもを育てていますが、産後に一気に髪の毛が抜けて焦ったこともありましたが、産後一年を過ぎる頃には元の髪の毛の量に戻りつつありました。
ただ、抜け毛があるとさすがに気が滅入ってしまいます。
その時は自分のお気に入りのシャンプーを使ってしっかりヘアケアをするなどをして気分を上げるといいのではないかと思います。人気の女性用育毛剤長春毛精 値段は高めですが、使ってみてもいいかもしれません。
今は子連れもできる美容院もあるのでベッドスパをして普段頑張っている自分にごほうびをするのも良さそうです。

 

枝毛、切れ毛になる習慣とは?

最近、自分の毛先をゆっくり見たことがありますか。
自分のちょっとした習慣や癖で、枝毛や切れ毛だらけになってしまうことがあります。
今回は枝毛、切れ毛になる習慣をご紹介します。

 

無理なブラッシング

急いでるからと言って、絡まりを無理に解くようなブラッシングをしては毛先が切れてしまいます。
ブラッシングをする時は優しくブラシを通し、絡まりでブラシが止まったら手で髪を抑え、丁寧に解きましょう。
スタイリング剤などで櫛通りを良くしてからブラッシングをするのも良いでしょう。

 

.シャンプー後の自然乾燥

暑い時期は特に、入浴後少し涼んでからドライヤーをあてたいことも多いと思います。
しかし、そのまま髪を自然乾燥させてしまうと髪を傷めてしまいます。
髪は濡れた状態の時、キューティクルが開いています。
キューティクルが開いた状態では髪の内部の水分がどんどん逃げてしまいます。
自然乾燥では髪が濡れた状態が長くなってしまうので、こうして髪の内部が乾燥してしまいます。

 

更に開いたままのキューティクルは、ブラッシングや寝ている時の摩擦などで剥がれ落ちてしまいます。
それが繰り返されることで、枝毛や切れ毛も出来やすくなってしまいます。
短時間にキューティクルを閉じるためにも、適度なドライヤーの使用が必要です。

 

.生活習慣の乱れ

 

髪も体の一部です。
栄養の偏った生活をしていれば、栄養不足に陥ります。
まずはバランスの取れた食生活をするのが大切ですが、中でも特に髪に必要なのは、たんぱく質です。髪はほとんどが、たんぱく質で出来ています。
ダイエットなどでたんぱく質を抜く生活が続くと、髪の元気もなくなって来ます。
もし急に枝毛や切れ毛が多くなり、髪に元気がないと感じたら、
自身の食生活を整えてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
普段何気なくやってしまっていたことが、髪に大きなダメージを与えているかも知れません。
健康な髪になるため、是非見直してみてください。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ